よくある質問と答え

Q:全くの初心者ですが大丈夫ですか?

A:特に問題ございません。当会は他の楽器も全く経験した事のない方も大勢おられます。

 基本から理論、応用に至るまでお一人お一人の目的に合わせ最良かつ最適なレッスンを

 提供していおります。

Q:楽器を持っていませんが大丈夫でしょうか?

A:レンタルの楽器を各教室に多数ご用意してございます。

 稽古場でのみ使用される場合は無料です。

 自宅に持ち帰って稽古される方は1日100円で貸出しを行っております。

 (糸は有料でご負担願います)

Q:古典邦楽の場合、月謝以外にかかるお金が多いと聞いたことがありますが…

A:当会は 入会金5,000円、月謝7,000円~10,000円(コース、指導者によって異なります)と

  年会費12,000円(上半期6,000円、下半期6,000円)

  稽古場によっては場所代(月300~500円)がかかるところもございますが、

  それ以外で積立金や協会費、チケット等の強制的な購入、ノルマ等はございません。

  舞台に出演される方(勿論、強制ではなく任意参加が基本です)には

  当会指定の和装と洋装の二着をご用意して頂きます。詳細はお問い合わせ下さい。

 

Q:楽器の金額、維持費はどれ位かかりますか?

A:この質問は最近意外にも多く、少し詳しくご説明させて頂きます。


 まず、津軽三味線の金額に関しては木の材質によって様々ですが、安くても10万円前後、最も高くて200万円位でしょうか。

演奏家の中には「俺の三味線は300万円だ!500万円だ!」と言われる方もしばしば耳にします。貴重な木材である事は確かですし、職人の技術が練り込まれている事を鑑みても興味の無い人からしてみればただの木材です。価値というものは買い手に伝わってこそ初めて価値となります。

買い手が理解出来ないような価値は売り手にとって価値があるだけで買い手にとって価値はありません。

売り手のエゴと買い手の見栄に過ぎません。

なぜこのような事を申し上げるのかというと私共の会の生徒さんの中に何かしらの情報で楽器が高すぎる事を知り、断念せざるを得なかった方や子供がやりたいと言っているのに習わせてあげられなかった親御さんがみえたからです。出鱈目な情報がこの方達の縁までも遠ざけたのです。

 

 バチも三味線と同じ事が言えますが材質によって1万円を切る物から

 数十万円を超えるものまであります。

 希少価値の高い材料を使うものも多い為、

 決して安くはありません。バチも三味線も象牙や金などの付加価値で金額が大きく上下します。

 

 最近では数万円の安価な三味線も多く出回っていますが、すぐに使い物にならなくなり、

 修理代が多くかかり、かえって高くついてしまうということもあり慎重に選ばれた方がいいでしょう。

 

 バチはセラミック、木材、アクリル等様々な種類のものがありますが

 何といっても音色に直結するという点でべっ甲に勝る物はありません

 お店によりますが、2万円程度からお求め頂けます。

 

 人前で演奏するという事を前提にした楽器選びという点でいえば、

 最も堅い紅木の三味線とべっ甲バチ、ケース、その他付属品一式で25万円程度で安価と言えるでしょう。

 三味線屋さんの年に数回のバーゲンセールも狙い目です。

 中古品も多く出回っておりますが、インターネットで購入されるのはあまりお勧め出来ません。

 中古品に関しては特に信頼の置ける三味線屋さんでのご購入をお勧めします。

 

維持費について

 楽器に関しては生ものですのでメンテナンスが必要不可欠である、ということは容易に想像出来ると

 思いますが、一番の出費はやはり胴(バチで叩く部分)の皮の張り替えで、約3~5万円程度かかります。

 この皮の張り替えは初心者の方にとっては非常に難しい選択で、

 音色の善し悪しを決める非常に重要な部分なのです。

 いくら高い三味線でも皮が強く貼っていなければ全く意味をなしませんし、

 安い三味線でもしっかりと皮が貼ってさえいれば、そこそこ鳴ってしまうどころか、

 高価な三味線と遜色ないレベルにまでなり得てさえしまいます。

 ※人工皮という選択肢もあります。最近の人工皮は飛躍的に技術が向上し、素人では音色の区別がつかない程になっています。詳細はお問い合わせください。

皮について

 皮は貼り具合によって数ヶ月持たないものもあれば半永久的に破れない物まで様々です。

 良い音を追求するのであれば比例して破れる確率も高くなったり、職人さんによったり、

 気候によったり、保管の仕方によっても変わってきます。

 一度”鳴る”三味線を体験してしまうと後戻り出来なくなってしまう人が殆どですが、

 皮に当たり外れがあるのも確かで、良く鳴るのに何年も破れないものもあれば

 保管の状態次第では、何の予兆もなしに破れてしまう物まであり、様々です。

 

 ※当会では会員特典として初心者の方向けに犬皮の貼り替えを7000円~10000円で承っております。

バチと糸について

 バチと糸も消耗品で、きちんとバチで糸を叩けないうちは糸も切れませんし

 バチも減りませんが、上達するにつれて(個人差はありますが)特に糸は交換する頻度が増えます。

 三本あるうちの真ん中の糸(二の糸)は特に切れやすく、最も出費の機会が多くなります。

 お店によってまちまちですが絹糸での太い糸(一の糸)が1000円前後、真ん中の糸(二の糸)が200円前後、細い糸(三の糸)が

 ナイロン製で100円以下で購入出来ます。

 ※非常に切れにくいテトロンの糸もありますが、バチと棹が傷みやすくなります。

 

 また棹の部分が糸との摩擦、瓜との摩擦により次第に木が減ってしまい

 綺麗な音色が出なくなってしまう(カンベリといいます)ため その都度メンテナンスが必要となります。

 この修理・メンテナンスに約1~2万円程かかり、安い三味線ほど木の材質が柔らかい為目減りが速く、

 消耗が激しいため修理代がかさんでしまうのはこういった事情なのです。

中古の楽器について

 中古品やアウトレット品(勿論演奏に支障のないもの)は10万円台の安価なものも

 多く出回っていますのでこちらもお勧めです。

 

 しかし先生や知人の方から譲り受ける場合は慎重になった方がいいでしょう。

 知らないのをいいことに高額で売りつけられたという例をしばしば耳にするからです。

 インターネット等で事前に予備知識を入手した上で慎重に判断されることをおすすめします。

 また、中古である程度高額な三味線を購入するのであれば、新品を買われた方が賢明です。

 このように維持費を連ねてみますとかなり厄介な楽器であることに違いはありませんが

 どこかで妥協することも必要ですし、扱い方次第では安く済ませることも出来ます。

 棹と胴さえしっかりした物を手にしておけば後からいかようにもバージョンアップ出来るということも

 三味線の特徴であると言えます。

 当会ではレンタルで借りてみて要領を掴み、続けられそうだなと判断された時に

 購入する方もいますし、最初から思い切って購入してしまう方もいらっしゃいます

 いずれにせよ、お金のかかる事ですので慎重にご検討下さい。 

 地方によって、または三味線店によって三味線の金額はまちまちです。

   最適な三味線店をご紹介させて頂くことも可能ですし、またそういった相談も承ります。   

 

※その他のご質問は 問い合わせフォーム からお問い合わせ下さい!

もてぎ三絃道

もてぎ三絃道

住所 豊田市長興寺2-5

TEL 0565-41-6904

 

出演のご依頼・教室の

お問い合わせは

上記電話または

問い合わせフォームより

お願い致します。

 

茂木俊興が語る三味線の現在と未来