津軽三味線の現在と未来

”津軽三味線”の成り立ち

古典音楽(邦楽)の世界には雅楽、能楽、浄瑠璃、詩吟、琴曲、長唄、小唄等、枚挙にいとまがないほど多くのジャンルが存在します。

三味線のジャンル一つ取り上げても多岐に及び、ここで説明するにはスペースが足りないほどです。

簡単に言ってしまえば民謡というジャンルの中に津軽民謡があり、

その伴奏を務めるのが津軽三味線ということになります。

津軽三味線は主に太棹と呼ばれますが太棹を使用するジャンルは他にも存在しており、津軽三味線=太棹は正しいのですが、太棹=津軽三味線というのは誤った見解ということになります。津軽の民謡を伴奏する三味線のことを津軽三味線と読んでいるのです。

この津軽三味線も民謡とは隔離された状態でマスコミに度々取り上げられ、

今や一つのジャンルとして確立されつつあります。

 

最近では日本のポピュラーな音楽との混同を避けるため津軽三味線を含めた古典音楽全般を

「純邦楽」と呼んでいます。

 

本場青森での私の体験 今と昔

それでは津軽三味線の本場青森県とはどんなところなのでしょうか?

 

私が本場津軽で修業を積み、経験していることだから言えることですが本場津軽に行けば本物の三味線を習得する一番の近道かといわれると案外そうでもないのです。

本場津軽ではどこに行っても三味線が流れそこら中に先生や演奏家がいると思ってしまいがちですが全くそんなことはなく、民衆の芸と思い込んでいたと私は当時相当のカルチャーショックを受けたものです。

函館や青森から一部の優れた演奏家や歌手が地元では食べていけず東京に移り住み活躍の場を広げられた方達が殆どです。そんな中、断固として地元に拘り腰を据えて芸を研鑽していかれたのが今は亡き私の師匠、山田千里先生でした。先生の持論は”岩木山の見える場所で津軽のかまりこ(匂い)を吸って津軽弁を話さなければ上達しない”が口癖でした。教え方はいたってシンプルでした。

 

先生はその当時は弘前市で唯一無二の民謡酒場を経営されていたので、その場所こそが私ども弟子の勉強の場でした。手とり足取り教わったことなどただの一度も無く、津軽三味線というのがどんなものなのかも分からない私は入門した次の日には舞台に立たされたのを今でも鮮明に覚えています。当時18歳。断るわけにはいきませんでした。なぜなら先輩から”ある日突然先生から(舞台の)声がかかったら迷わず立つように”と忠告されていたからです。拒否をしようものなら当分立たせてもらえないという話を事前に聞いていたものですから覚悟は出来ていました。しかしながらそのある日突然というのが早々にやってきたのです。

しかも入門一日目です。曲をどう始めてどう終わるかも分からないレベルの私を日本全国からお金を払ってわざわざ本場の三味線を聞きに来ているお客さんの前に立たせるなんて、当時18歳の私にとってはあまりに酷なことでした。頭の中はまっ白状態、何を演奏したのか全く記憶になく、失神寸前だったのははっきりとおぼえています。泳ぎ方も知らないのに池に落とされたわけです。おそらく、先生は”実戦に勝る稽古なし”ということを植えつけたかったのでしょう。次の日はすぐにやってきます。一日に3、4ステージはあったのですが、毎日恥をかくのは自分です。入門後の1,2ヶ月はまともに寝た記憶もありません。先生も先輩も何も教えてくれません。本当に孤独との戦いです。最初の一ヶ月間は半年ほどに感じられたものでした。

でも気がつけばお酒を運んだり、お皿を洗いながらでも、先生の曲のフレーズや太鼓、唄に至るまで見ていなくてもするすると頭に入っていくようになっていたのです。

環境とはそういうもので、今現在そのような環境を見つけられるのは難しいかもしれませんが昔の先人達の時代には録音機械などなかったにも関わらず名人という方達が存在しました。

現在ではレコーダーはさることながらYoutubeやDVD・BDなどいたるところに独学しようと思えば出来る環境が整っています。そういった背景からも独学しようと思えば独学できるのですが、

 

やはり回り道しないためにも基礎だけは習われたほうがよろしいかと思われます。

 

現在の業界について

民謡界と津軽三味線の世界は共存してこそ成り立つのが本来あるべき姿なのですが、

近年では津軽三味線の方が突出してる傾向にあり、民謡をよそに演奏している方や指導者も大勢見えます。

一見華やかな世界に見えますが、その反面、堅苦しいイメージも兼ね備えている背景がやはりいつの時代もついて回ります。津軽三味線の世界も民謡界も、日本全国大小様々な流派が存在していますが津軽三味線の世界で云うなれば、即興(アドリブ演奏)を基本とする音楽の特性上、芸の同一性を求める必要が希薄なことから扱いは他の純邦楽のジャンルと比べると非常に軽く何百万人単位の会員数を誇る茶道・華道の世界とは比較にならない規模です。人口が少ない割に先生が多いのもこの業界の特徴です。

これはまだ歴史が比較的浅く業界を統一する組織がないこと、プロ・アマの線引きがあいまいで、自由度が高いことからと考えられています。つまり、そこそこ演奏出来る人が”明日から自分が先生だ、明日からプロ奏者だ”と言ってしまえばそれがまかり通る、いわば無法地帯となっているのが実態で、自己責任において自由な活動の出来る業界であると言えます。一昔前は津軽三味線の教室を見つけるのはなかなか困難なものがありましたが今では日本全国あちこちに点在しているのもこのような背景があってこそなのです。

しかしながら、それゆえに勘違いして勝手に偉くなってしまっている演奏者や先生が少なからずみえるのも事実で自由度が高くガイドラインがあるわけでもないので、指導法や決まり事などは指導者の価値観、宗教観によって千差万別であるといえます。弟子が師匠のカバンを持つという時代は一昔前の話となってしまいました。また月謝等を生徒さんから頂いているのに、先生が生徒さんのことを弟子呼ばわりすることに妙な感覚を覚える人も多いようです。 習い事の世界においての上下関係というものは、師匠と云われる人に弟子入りする場合と、趣味でなんとなくはじめるという場合とでは勝手が違うので、指導者にとっては難しい課題であると言えるでしょう。

 

それでは、我々の業界の何をもってしてプロと言うのか。

プロボクサー、プロ野球選手などスポーツの世界におけるプロは協定などがあり明確な位置づけがなされていますが、こと芸術に至っては境界線というものが極めてあいまいです。プロ書道家、プロ陶芸家、プロ演奏家・・・あまり馴染みのない聞こえです。

 

人それぞれ見解の相違はあるものの、やはり音楽の世界はどの分野もそれ相応に厳しく、津軽三味線の業界に於いてもそれは同じで、演奏だけで食べていける人は本当に数える程度しかいません。何か他の仕事をしたり、教室の運営をしたり、家族の協力をもらったりしながら演奏の活動をしている方が殆どだと思います。

全国の民謡の大会の優勝者のみなさんも本業でやっている人は少なく、本当に唄うのが好きだからやっているという方が大半です。特に、北海道や東北地方は一般の方でもプロ顔負けの唄い手さんがものすごい数見えます。趣味で唄っているとその方達に言われたら民謡の先生立場がありません。津軽三味線の世界も同じで仕事としてやっていない人でも名人級の方は大勢みえます。

 

その皆さんに共通していることが一つあります。それは謙虚であるということです。

 

私の師匠、山田千里先生は私の修業時代はとにかく物を言わぬ厳しいお方でした。

ところが、私が卒業させて頂いてからというもの、たびたび舞台にお声をかけて下さいましたが、

その際いつの時でも私ごときに敬語で話して下さいました。

恐縮以外の何ものでもありませんでしたが、同時に一流の美しさを知った瞬間でもありました。

 

津軽三味線の本場は青森、メッカは東京

津軽三味線界の中心はどこであるかと言えばもちろん本場津軽だと言いたいところですが

やはり現在の中心となるのは東京でしょう。大御所の先生方が集結していることもあり、

津軽民謡のみならず全国の民謡に精通していて芸の幅も広い指導者が多く、

本場よりも活気づいています。中でも浅草の民謡酒場は様々な流派の若手がこぞって集まり、

日々切磋琢磨し芸の向上に励んでいます。他流派の演奏家同士の交流などタブー視されがちな

この業界の中でこれは正に革命と言えるでしょう。女将さんの懐の深さ、器の大きさに敬意を表する次第です。今後もこのような取り組みは増えていくべきですし、増やしていかねばなりません。

若者には若いうちにしかできないこともたくさんありますし、その中で年を重ねながらどこかで民謡の素晴らしさを発見、再認識し新しい境地を開拓して頂けたら嬉しい限りです。

これからの津軽三味線という業界

今現在業界の中で若手が台頭していくには、

 

1)民謡ブームを席巻された大御所の先生に弟子入りし、顔を売る。

2)誰かしらの先生に習ってはいたが、辞めたといういわばフリーな立場な人達が 

  毎年全国で何カ所もある大会で顔を売る。

 

今後は後者がよりボリュームゾーンとなっていくのは必至でしょう。

民謡ブームで一時代を築かれた先生方も悲しいかな、相次いでこの世を去っていかれています。

本物がいなくなるということは本物の意見が聞けなくなるということなのです。

今後は企業戦士であった団塊世代のリタイヤ、耳の肥えた民謡・津軽三味線ブームを支えてきた世代が老齢期を迎えることもあり、本物を聴けることも本物を知ることも減少していく傾向にあります。

激動の民謡ブームを生きられた先人の教えを伝承していく使命を背負った指導者の立場にとってみればあまりいいニュースはありません。

 

かたや、津軽三味線と並んで日本を代表する楽器の一つ、和太鼓の世界はどうでしょう。今や全国に5000を超える団体があり、愛好家だけでも10万人を遥かに超えるそうです。

津軽三味線界もたびたびブームと言われたり、コミック漫画やCMのBGMなどでも多く取り上げられたりするものの、三味線人口がどれだけ増えたかと言えば定かではありませんが、和太鼓に取るに足らない現状です。

未来に向けて

もう少し手軽に始められる環境であったり、簡単に音が出たりするのであればきっかけはどうであれ愛好家は増えていくのでしょうが、やはり業界特有の敷居の高さというものがイメージとして存在しているようです。

度々小中学校に演奏で呼ばれていくことがありますが、今の子供達は津軽三味線を全く知りません。

おそらく何千人に一人という割合ではないでしょうか。CMで三味線が流れたり、

メディアの影響で認知度が高いのではないのかとたかをくくっておりましたが、

どこの学校に行こうが状況は十数年前とさほど変わりません。

娯楽・価値観の多様化など様々な要因は考えられますが、いかんせん、まだまだマニアの温床、コアな業界であるという現実があります。絶対人口が増えれば必ず天才が出現します。

 

津軽三味線はその歴史を辿っても今なお進化を続けている数少ない楽器です。

元々は民謡の伴奏楽器に過ぎなかった楽器が短い歴史の中でここまで変貌を遂げたのですから

魅力のある楽器であることに変わりはありません。一昔前に比べれば津軽三味線を習える教室は本当に多く増えました。 弾き手と聞き手は高齢化に伴い減少傾向にありますが、若者の台頭により急激な減少はないことが予想されます。

 

問題は生産年齢人口に既存の古典はもちろん、これからの我々の音楽を聴いてくれるファンを、

いかに増やしていくかということが、今後の最重要課題と言えそうです。

 

 

 

茂木 脩綱

もてぎ三絃道

もてぎ三絃道

住所 豊田市長興寺2-5

TEL 0565-41-6904

 

出演のご依頼・教室の

お問い合わせは

上記電話または

問い合わせフォームより

お願い致します。

 

茂木俊興が語る三味線の現在と未来